誰かの為に。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

誰かの為に。。

誰かの為に、一生懸命になった事ってあるだろうか?
これって、ある意味物凄く難しい事だと俺は思う。

それは、自分が生きる事だけで精一杯といった部分もあるかもしれないけど、かつて、自分の事は後回しにして、他の人達の為だけに一生懸命だった時期がある。
そこまでしても、守りたかったもの。。
そう、自分の家族。

仕事がとても忙しく、自分の中には、寝ている時以外、仕事か家族のどちらかしかなかった。
所謂、自分の時間がほぼなかったわけだけど、それでも、家族の為にって思ってた。

現実は厳しく、それだけ思っていた家族を自分の力如きでは守り切れなかったり、勝手に自分だけがそう思って、相手はどう思ってたのかすら分からなかった時期があった。
自分は相手の為にって思っていても、それが必ずしも、相手から見て、嬉しかったり、助かるとは限らない。
それを教えてもらった瞬間やった。
誰かの為に。。

今の自分が出来る事を、出来るだけといった観点で、やる事はとても素晴らしい事であると同時に、相手にとってはどうなん?って部分を忘れてしまう事って多々あると思う。
それは、相手の立場に立ってみないと分からない事だし、だからといって、自分以外は知りませんってのもどうかとも思う。

自分自身を犠牲にしてまで、やる必要はない。
今の段階で、それが俺が下した決断。

もっと我儘でもいいし、ホントは手を差し伸べるのではなく、見守る事の方が、相手にとって大事な時だってあるはず。
突き放す事は辛いかもしれないけど、長い視点で見たら、それで良かったってケース多々あるもんね?
誰かの為に。。

今の自分は、裏切られるのが怖くて、どこかそれを避けてきて、自信もなく、難しく考えすぎてたかもしれない。
少しだけ大人になったのか、誰かの為に、自分側の想いだけではなく、少し全体を見てから、見守るといった事が出来るようにもなってきた気がする。
決して押し付けではなく、見た事すらない、あなたや、未来の自分が、ふとした時にちょっとした、文章を読んでくれたりして、その上で、具体的にどの部分をどれだけ助けてほしいのか?
ぼんやりとしたイメージの中でずっと彷徨ってる部分を、少し照らす事が出来る。
それくらいが、丁度いいのかなぁ?
誰かの為に。。

それは、まず、「自分の為に」の部分をしっかりした上で、初めて「誰かの為に。。」って形でいいのではないかな?と思う。
そろそろ、もっと大きな観点から、ホントに必要な部分を誰かの為に、表現とか、ちょっとした、支えが出来るくらいの人間になりたいなぁ~
誰かの為だけではなく、まずは自分、そして、誰かの為に。。
優先順位を間違えたり、勘違いしたらいけない気がする。

今のあなたはどうですか?
誰かの為だけに、なっちゃってませんか?
たまには、頑張っている、自分の為にご褒美を忘れない様にした方が、良い様な気がする。
あなたといった「自分」があってこその「誰か(相手)」なんだから。。
繋がってくれてありがとう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。