リュックサック

誰しも、大なり小なり、自分が生きていくのに必要な物をリュックサックに入れて歩いているんだと思う。
それを、重たいと感じようが、背負っている事すら忘れて様が関係ない。

時によって、それを有難く感じたり、疎ましく感じたりしながらも、絶対必要だからと背負ってる。

もう、分かるよね?
どうしても、疲れ果てて、重たくて仕方なくて、全てを投げ出したい時。
あなたは、大きな木の下でそのリュックサックをおろす事が出来るし、座ってほっとして、そのまま寝っ転がって、気が済むまで休む事が「出来る」んやで?
なのに、自分の心に嘘を重ねて、無理やり歩き続けようとしてない?

歩けなくなってしまうまで。。
どちらかと言えば、自分自身がそうやから、「休んでも良い事」に気が付いてほしいし、「休む勇気」も持ってほしい。
先を急げば急ぐ程、無理をしてでも、歩き続けてしまう。
まるで、「休む事」自体を罪の様に考えて、リュックサックをおろさずに、永遠と。。

でもね?
その、重たく感じた、リュックサックの中身は一体誰の為の物で、何の為の物が詰め込まれてるの?
たまに、自分が好きな場所で、リュックサックを開けて中身を使ってやらないと、背負ってる意味ってあるのかなぁ~

今のあなたがどう感じて様が、リュックサックは背負わされているんじゃなくて、自分が背負ってるんやで。
それを、どのタイミングで背負って頑張る事も、おろして休む事も、あなたが決める事が出来るんやで?

焦って頑張ったからと言って、決して早く着くとは限らない。
休んだ方が、効率がいい場合なんて山ほどある。

重たく感じたリュックサックをドカッとおろして、止まるからこそ見える物ってあるし、むしろそこから得る物や気付きって頑張った分以上に大きな物があると思う。
今のあなたにとってのリュックサックは、どんな感じ何だろう?

どうしても必要だったり、背負わなければならない物だったりするからこそ、きちんと止まって向かい合う時が必要な場合だってあると思う。
そして、止まるからこそ、今までの自分の頑張りにも気が付くし、更に先へ行く新たな気持ちも沸いてくる。

気が済むまで休んで、気が向いたらまた背負って歩けばいいねん。
道は長いし逃げもしない。
もっと自分の心の奥底の声をきちんと聞いてやってもいいんじゃないかな?

自分だけの大切なリュックサック。
だからこそ、背負ってる中身を1つ1つ確認し、受け止め、たまにはおろしてやってもいいと思う。

そのタイミングを決める事が出来るのは、他の誰かではなく、あなた自身なんだから。。
読んでくれてありがとう。
繋がってくれてありがとう!