てっぺん

てっぺんって誰にとっても、何となくでもあると思う。
そこにたどり着くまでの道を楽しんでる?

もしかしたら、1秒でも早くてっぺんにたどり着きたいのに、思うようにいかず、もがき苦しんでるかもしれない。
自分には無理と諦めそうになったり、苦しい部分しか見えなくなっていたり、進めてない自分に腹が立ったり。。

てっぺん。
それって、どんなペースであれ進んでいれば嫌でも到達するし、到達してみれば案外あっさりしたものかもしれない。
だからこそ、てっぺんに到達する事よりも、それいに至るプロセスを楽しんでほしいと思う。

日本一の山、富士山のてっぺんを目指した時に教えてもらった事の1つ。
歩きにくい部分なんて沢山あるし、気が付いたら靴の半分位の距離しか進めてない時もあった。
ホントにてっぺんに到達するんだろうか?
何の為にてっぺんを目指しているんだろうか?
てっぺんを目指す事自体が間違っているのではないだろうか?

様々な思いを胸に、多少疑問を抱きながらでも、まるで止まっている様に感じながらでも進んでみたら、気が付いたらてっぺんに到達してた。
確かに、てっぺんに到達した時は嬉しかったし、そこでしか見れない光景もあった。
でもね?
それまでに、何度も何度も立ち止まったり、後ろを振り返ったり、知らない人達と抜きつ抜かれつしながら、気が付いたら声を掛け合って進んでいると、てっぺんに到達した瞬間、それは過去になる。
そして、てっぺんに到達する事も大事だけど、それまでに感じたことや、得たものがあまりにも大きかった事に気が付く。

ホントにしんどい部分を登っている時、既にてっぺんに到達して、下ってくる知らない人達が、「あと少し!頑張って!」って声をかけてくれる。
返事する余裕すらないのだけど、そのお蔭で何とか進める。
そして、自分が下山する時、気が付いたら同じように登っている人達に、「あと少し!」と声をかけてる。

それは、誰もが、その部分が苦しい所って知ってるから。。

それを乗り越えて、ふと気が付いたら、てっぺんに到達している自分がおる。
そして、気が付く。

てっぺんに到達する事も大事な事かも知れないけど、それに至るプロセスがどれほど素晴らしい物で、あり得ない位大事な事を頂けたのかって事に。。
てっぺんに到達するまでに、急いで登り、結局途中で高山病になってしまい、下山を余儀なくされた人達を沢山見た。
てっぺんに到達する事だけに執着し、焦ってしまった結果だと感じた。

勿論、勇気を持って一度引き返し、また何度でもチャレンジする事は出来る。
だから、それはそれで学ぶべき所があったのだろうし、それを経て、新たに決意し再度チャレンジしてから、てっぺんに到達した時は、俺が見えなかった部分まで見れる様になっているかも知れない。
これまで、何に対しても、早くてっぺんに到達したい一心で、頑張り過ぎて結局動けなくなり、一旦下山しなければならないといった自分だった事に気が付いた。
今のあなたはどう?
てっぺんを目指し、様々な事があるかも知れないけど、途中で見れる雲や、天然雪、パワフル過ぎる太陽、優しすぎる月、綺麗すぎる星。。
そんな何もかもを見たり、ここまで登ってきた道を振り返って、頑張った自分を再確認したり、きちんとてっぺんに到達するまでに得れられる物を、ちゃんと見て、その事を感じ楽しんでる?

今、結果が出せなくても、てっぺんに到達出来なくても、到達したいと必死に頑張るだけで得る物は多いし、ホントはそっちの方が大事な事なのかも知れないよ?
今の自分が出来る事を、出来るだけ、精一杯後悔のないようにやる!
それが大事やし、それが自分を成長させる事に繋がるんじゃないかなぁ~
てっぺん。
今のあなたにとって、それははるかに遠く感じる物かも知れない。
でも、進んでいれば、いつか必ず嫌でも到達してしまう。

てっぺんに到達した後、どうなると思う?
勝手に、次のてっぺんを探し始めるんやで?

焦らなくても大丈夫。
はっきりとした目指すべきてっぺんがあるだけで、それに向かって遅かれ早かれ進んでいるだけで、既にあなたは、本当に大事な物を手に入れているのだから。。
もっと、気が付かなければならない大事な事って、沢山あると思うよ。

それは、未来のあなたにとって、とてつもなく大きな気付きや、自信、そして、思い出になるのだから。。
てっぺんに到達する為に、今得られるものをきちんと見て、感じて、楽しむ。
それって、今しか出来ない事の1つなんじゃないかな?

例え苦しくても、それを得られるのは、頑張っててっぺんを目指している、今のあなたにしか与えられない物だと思うよ。

読んでくれてありがとう。
繋がってくれてありがとう!