変るべき時

変わるべき時


俺は何故 仕事も含めて様々な事がこなせなくなってしまって 動けなくなってるのか ちょっと違った観点から見てみた

過去の自分なら なんやかんや ゆーてもこなせてたのに 何故今の自分はこなせないのか?
何故 どうしても動けないのは何でやろ? そして 同じように動けなくなって蹲ってる人があまりにも多いのは 何故やろ?

年のせいとか不景気やからとか そんな 単純な理由からだけやろか?
そう 思って 少し 脳や(主に右脳や潜在意識について)宗教について調べてみた

人間の脳ちゅうのはまだ解明されてない部分が多く 最近では 理論重視の左脳主義から イメージ重視の右脳をもっと活用しなさいと
いった関係の本が続々と出てる

人間は今まで 物事を理論的に考え それによって 物質的には成長してきた しかも 大急ぎで。。。

でも それも 終わりを告げようとしてるし 実際物も売れず 心の時代へと変わってきてる
しかも 理論重視のそんな社会の中でさえ のし上がってる人達の多くが 右脳重視の生き方をしてる事に気付かされる

簡単に言うなら 考え込むより 直感的に生きてる

それはスポーツ選手が筋力トレーニングをして それプラスイメージトレーニングをすることで 記録がぐんと伸びたりするのと一緒で
イメージというのは 凄く大事なもんやと思うし 今までは結果主義で イメージトレーニングなんて言う イメージが何でトレーニングなん?的な考えが多かったのやと思う

でも 他人事のようやけど 考えてみたら 知らず知らずのうちに そんな生き方をしてないやろか?

あなたが もし 早く走らないといけないとする
練習する時 走りこんで筋力をつける人は多いやろけど それと同じくらい 自分が一番で走って 優勝してるイメージを積み重ねる事が出来る人は 少ないと思う 
右脳を使ってない自分に はっとしないやろか?

でも もっと右脳を使った生き方をしなさい というのは 何も今に始まった事じゃない

俺は宗教には全くと言っていいほど興味の無い 人間やったけど ずっと昔から今に残る宗教をちょいと 調べてみると 細かい部分は違うにしろ 言ってる事は 同じやないか!!なんて感じた

そして 瞑想法一つとっても とある宗教では 文字をイメージしたり 観音をイメージしたりして右脳を使おうとしているし また他では 簡単な呪文を唱えて 左脳を沈静化させて 右脳を使おうとしている

そして 今 予言的なものも含めて 例えばホピ族(アメリカ)では 二十世紀の最後の十年間と2000年に入ってから暫くは 人間は自分を木に縛り付ける必用がある
 
大きな風がふく 多くのものが 風と雨によって洗い流されてしまうだろう
一人一人が自給自足をして 母なる大地から食料を育てる仕事に戻らなければならない
それ以上に 霊的におこりつつある事を 霊的に理解する為に 人間は自分の内へと入る必要がある。。。

このような事は マヤでも言われてるらしい
まぁ 簡単に流して聞いたとしても 宗教によって違うけど 誰かが救済に来るとか 何とかの扉が開くとか いっぱいあるけど 共通してるのは 皆 今 やねんなぁ

考え方によっては 今を主体に考えてるから 逆にそんな情報ばかり見えてくるのかもなんても思えるけど 大げさに考えると 世界規模で大きな変化があるのかもなんて 思えてくる

本来 俺はこの手の話は バカにする人間やったけど なんとなく思えば 別にあっても おかしくない話やと思う

小さな日本だけの知ってる歴史を見ても まだ2000年とちょっとしかたってない

縄文時代は紀元前一万年前から 紀元前300年頃まで 約一万年あまり続いたなんて言われるから 本当ちょっとや!

そして この2000年位の間にも 様々な歴史があり 何回も大きく変わってる
少し歴史を見ると意外に驚くし その時代の人が思いもしないような 本当 節目的な事が何回も起こってる
 
変化していってるし 宗教的にみたら それが 今 らしい
ニュースを見て 起こる 予想もしない事柄を見てると 変わり始めてる気がする

どっちにしても 今のこんな状態は いつまでもは続かない

ひょっとしたら 時代の継ぎ目にいる今 人間がおかしくなるのは当然やし
新しい時代に適応し易い自分になる為に 今 しがみついてるものや考えなんか 捨ててしまってもいいのかも しれないよ

横穴式住居を出ないと 竪穴式住居には住めないし 刀を捨てないと 安全も得られない

ひょっとしたら 今 自分にとって 一番大事と思ってるものが 次の時代には 単なる飾りになるかもしれないしねっ!


悩める君へTOPへ


ご注意!

このサイト(ちんねん日和)は過去に私が運営していたサイトとなります。
偶々バックアップファイルを見つけてしまったので、現状のサイト 「昌樹 masaki」のコンテンツの一部として残してあるものです。
ある程度壊さない範囲でリンク切れ等を修正しておりますが、内容等については出来る限り、当時の記録として保存しております。

あの時から時も経ち「ちんねんさん」も「昌樹 masaki」へと変わりました。
宜しければ、現状のサイト、「昌樹 masaki」 へもお越し頂けたら幸いです。 http://e8r.net/