スタイル

スタイル。。。


まず 見かけからやけど スタイルに拘る人はわりと多い
その結果 無理なダイエットをしたり 様々な手段を使ってそのスタイルになろうと ストレスを貯めながら頑張ってる

中には頑張りたいのに頑張れない自分を見て ストレスを貯める人
逆にダイエットするのに楽しんでやって ストレスよりも充実感を得ている人 様々や

ただ 勝手な思い込みで 無理にそのスタイルに拘ってないやろか?

例えば 女性が痩せる=綺麗
男性が鍛える=格好いい等 
そして その結果 もてる自分になりたいと必死になってないやろか?

確かに 健康的やし それが好きという異性もいる
でも 逆に 痩せてる女性よりぽっちゃりしたほうが好きな男性がいたり
鍛えた体に 嫌悪感を感じる女性がいるのも事実

自分の理想があったり 健康面からそれに近づくのは いいことやと思うけど

雑誌等の情報に踊らされて 勝手に こうでない自分は駄目 なんて勝手に思ってないやろか?

高いお金をかけて ダイエットしてる 友達にも言う事があるんやけど ダイエットしても 顔は大して変わらない
でも 心を綺麗にすると 何気ない表情が 物凄くいい場合もある

どっちにしろ 見掛けには限度がある

皆がいいということが いいのではなく なりたい自分になる事が 大事やと思う

スタイルというのは別に 体に限った事ではなく
自分の生き方でも 同じやと思う

雑誌でこういった 生き方が格好いいから そうでないと いけない
皆が そうしてるから そうしないと おかしい

そうやって 本来自分が生きたい生き方を忘れて 違う道を一生懸命歩こうとしてない?

そして ちょっとでも 人と違うと恐怖を覚えたり 悩んだりする

全てにおいて 人の真似をしてるうちは いつまでも本当の自分じゃないし その人を抜く事は出来ない
そして 魅力も大してない

まずは 自分の心に聞いて ありのままの自分を持つこと
自分は自分。。。

ある意味 スルメやガムなんて 見た目はへんてこりんやけど 多くの人に愛されてる
本当は 見た目なんてどうでもいいもんかもしれない


悩める君へTOPへ



ご注意!

このサイト(ちんねん日和)は過去に私が運営していたサイトとなります。
偶々バックアップファイルを見つけてしまったので、現状のサイト 「昌樹 masaki」のコンテンツの一部として残してあるものです。
ある程度壊さない範囲でリンク切れ等を修正しておりますが、内容等については出来る限り、当時の記録として保存しております。

あの時から時も経ち「ちんねんさん」も「昌樹 masaki」へと変わりました。
宜しければ、現状のサイト、「昌樹 masaki」 へもお越し頂けたら幸いです。 http://e8r.net/