誰かの為に。。

誰かの為に。。

誰かの為に、一生懸命になった事ってあるだろうか?
これって、ある意味物凄く難しい事だと俺は思う。

それは、自分が生きる事だけで精一杯といった部分もあるかもしれないけど、かつて、自分の事は後回しにして、他の人達の為だけに一生懸命だった時期がある。
そこまでしても、守りたかったもの。。
そう、自分の家族。

仕事がとても忙しく、自分の中には、寝ている時以外、仕事か家族のどちらかしかなかった。
所謂、自分の時間がほぼなかったわけだけど、それでも、家族の為にって思ってた。

現実は厳しく、それだけ思っていた家族を自分の力如きでは守り切れなかったり、勝手に自分だけがそう思って、相手はどう思ってたのかすら分からなかった時期があった。
自分は相手の為にって思っていても、それが必ずしも、相手から見て、嬉しかったり、助かるとは限らない。
それを教えてもらった瞬間やった。
誰かの為に。。

今の自分が出来る事を、出来るだけといった観点で、やる事はとても素晴らしい事であると同時に、相手にとってはどうなん?って部分を忘れてしまう事って多々あると思う。
それは、相手の立場に立ってみないと分からない事だし、だからといって、自分以外は知りませんってのもどうかとも思う。

自分自身を犠牲にしてまで、やる必要はない。
今の段階で、それが俺が下した決断。

もっと我儘でもいいし、ホントは手を差し伸べるのではなく、見守る事の方が、相手にとって大事な時だってあるはず。
突き放す事は辛いかもしれないけど、長い視点で見たら、それで良かったってケース多々あるもんね?
誰かの為に。。

今の自分は、裏切られるのが怖くて、どこかそれを避けてきて、自信もなく、難しく考えすぎてたかもしれない。
少しだけ大人になったのか、誰かの為に、自分側の想いだけではなく、少し全体を見てから、見守るといった事が出来るようにもなってきた気がする。
決して押し付けではなく、見た事すらない、あなたや、未来の自分が、ふとした時にちょっとした、文章を読んでくれたりして、その上で、具体的にどの部分をどれだけ助けてほしいのか?
ぼんやりとしたイメージの中でずっと彷徨ってる部分を、少し照らす事が出来る。
それくらいが、丁度いいのかなぁ?
誰かの為に。。

それは、まず、「自分の為に」の部分をしっかりした上で、初めて「誰かの為に。。」って形でいいのではないかな?と思う。
そろそろ、もっと大きな観点から、ホントに必要な部分を誰かの為に、表現とか、ちょっとした、支えが出来るくらいの人間になりたいなぁ~
誰かの為だけではなく、まずは自分、そして、誰かの為に。。
優先順位を間違えたり、勘違いしたらいけない気がする。

今のあなたはどうですか?
誰かの為だけに、なっちゃってませんか?
たまには、頑張っている、自分の為にご褒美を忘れない様にした方が、良い様な気がする。
あなたといった「自分」があってこその「誰か(相手)」なんだから。。
繋がってくれてありがとう!

自分に真正面から向き合う事

自分に真正面から向き合う事

いつの頃かから、まっすぐに自分自身に向き合わず、誤魔化して良い部分だけを見て、見て見ぬふりをする技が身についてしまってたな。
段々と大人になるにつれて、見たくないものは無視したり、自分の弱い部分に目をつぶって、先延ばしにしたり、逃げたりする様になった気がする。

確かに、まともに向き合ってたらやってられない部分もあるのかもしれないけど、ずっと長い間「自分に真正面から向き合う事」を避けてた様に思う。

誰だって、自分の好きな部分もあれば、嫌いな部分や克服しないといけない部分ってあると思うんやけど、今のあなたはどうだろうか?
真正面から自分自身に向かい合って、現実をしっかりと受け止めてる?

たった24時間しかない1日といったスパンの中で、そういった時間すら持つこと自体が難しい場合だってあるだろう。
でも、ちょっとだけ優先順位を上げてたった数分でも、自分自身に真正面から向き合う時間をとってみても良い様な気がする。

俺にとって、このブログの更新記事を書く時間がそれにあたるかもしれない。

ホント逃げまくりだったよなぁ~って思うし、まだ、絶対的に向き合えてるか?って聞かれたら、正直な所、全部ではないかもしれない。

過去や現在、未来に至るまで、自分の立ち位置と言うか、やるべき事と言うか、心の底でずっと思っていたにも関わらず、放置してきた事とか、沢山ある気がする。

時間はかかったけど、ずっと逃げていたのに、こうやってぼんやりとしたイメージしかなかった物を、具体化出来て実践出来るようになった今は、ホント、幸せ。
表現の自由すらない国だってあるのに、自分は何をどう表現しようが「自由」
それって、幸せであると同時に、表現出来ない人達や生き物全てを含めて、代わりに表現しないといけないといった義務がある気さえする。

ぼんやりとしたイメージは出来ても、どうしても行動に移せない時って多々あるし、むしろそんな時の方が多いかもしれない。
なら、具体的に形として残せる「今」動かないと、いつ動くのだろう?

それぞれが、今の年齢に達するまでに、色んな想いや体験をしたと思うけど、その中や、その時の判断で、ホントに真っ直ぐに自分自身に向き合った時間ってどれくらいある?
向き合う事で、傷付いたり、悲しい思いをしてしまう事だって多々あるだろうし、それをしない方がいい時期だってあると思う。
本気で逃げまくっても、どうしても逃げ切れずに、向かい合わなければ先に進めない時ってあるよね?

今の自分があると言うことは、今まで大なり小なり、その壁を越えてきたって事。

今の自分がどうであれ、思い切ってじっくり向き合ってみるのもありだと思う。

正々堂々と真っ直ぐに自分自身に向き合ってみる。
それが出来るのは、今この瞬間だけかもしれないし、逃げても何も変わりはしない。

そして、それを実践出来るのは、あなた以外に他にはいない。
もっともっと、自分自身に向き合って、自分が持ってるマイナス面とかではなく、壁を越えた後の「可能性」を考えると、ホントはワクワクする作業なんじゃないかな?

ほんの少し未来の自分の為に、後悔しない様、「自分に真正面から向き合う事」ってやってみても良い様な気がする。
自分の未来を作れるのは、自分自身でしかないのだから。。

繋がってくれてありがとう!

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。