崖っぷちの大きな石

崖っぷちの大きな石

自分自身がこれほどまでに、一生懸命やっているのに、思うように結果が出ず、落ち込む時ってあると思う。
どれだけ、頑張っても、目に見えた形で何も変わらない時って、物凄くしんどいよね?

今まで仕事を中心に、結果主義で生きてきた俺から見ると、情けなくなって、自分を責めたりする。
今の、あなたはどう?

単に今の状況だけを見て、もう諦めた方がいいのかもしれないなとか思ってない?
物事が大きければ大きい程、そんな簡単に結果なんて出ないのにね。

少しだけ、考えてみてほしい。
0から1に進むときや自転車で止まった状態から進むまでの時間。
それって、止まってる様に見えるし、実際止まってるかもしれない。

でも、いざ動き出したらどうだろう?
0から1に行く力の何分の1の力で、はるかに前に進まないだろうか?
殆どの人は、ここで諦める。
折角、頑張ろうと決意したり、頑張ったりした全てをあっさり捨ててしまう。
客観的に見たあなたは素直にどう思う?
どんな状況や、目標、環境であれ、大きな時間の単位で考えたら、ずっとそこに留まる事や物って無いんじゃないの?って思う。
河原の石ころだって、その昔はその場にはなかったと思うし、形自体も変化している。
誰かが何となく、石を川に投げ入れると、その石は、次の力が加わるまでそこにある。
でも、ずっとそこにある事って、長い目でみたら、ありえるだろうか?
少し増水しただけで、位置が変わる事だって十分にあるし、それが、1年2年の単位じゃないかもしれないけど、いつか必ず動くと言ってもいいと思う。
そこで、ちょっと気が付いてほしいんやけど、大きな石を転がそうと思えば思うほど、0から1への期間って長いよね?
沢山、沢山力が加わって、その後やっと転がり出す。
でも、転がりだしたらどうだろう?
それは大きければ大きい程、周りも巻き込むくらいの勢いや影響力を持つ。
必ず、0から1にかけた力は、何倍にもなって帰って来るって事。
今、あなたがこんなに一生懸命やっても結果が出なくて、悩んでるとする。
それって、実は、思っているよりも大きな石を動かそうとしているのかもしれないし、あなた自身があとほんの少し力を持てたら、動き始めてしまうかもしれないと思うんだけど、どうかな?
柔軟に考えたら、自分だけでやらずに、他人に協力してもらう事だってありかもしれないし、テコみたいに、方法を変えてみることで、あっさり動かせるかもしれない。
今現在の、結果が目に見えない。
たった、それっぽっちの事だけで、ホントに諦めてもいいの?

崖っぷちにある、大きな石は動き出すと凄いもんやで?
あなたが重視する、結果だけを見たら、諦めたら0のまま。
今まで何もしなかったのと何ら変わりない。
あなたは、変えたかったんじゃないの?
「夢」
そろそろ叶えてもいい頃じゃない?

どういった方法をとってもいいけど、後悔だけはしない様にね?
崖っぷちの大きな石
それって、そんな簡単に動かせるものじゃないけど、動いた時は格別やで。
諦めるよりも、もっと可能性にウエイトを置いたら、案外あっさりうまくいくかもよ。

だって、人間は、何も変わってない様で、日々成長してるし、老いてもいってる。
今後をどうするかは、あなた次第なんじゃないかな?
読んでくれてありがとう。
繋がってくれてありがとう!

誰かの為に。。

誰かの為に。。

誰かの為に、一生懸命になった事ってあるだろうか?
これって、ある意味物凄く難しい事だと俺は思う。

それは、自分が生きる事だけで精一杯といった部分もあるかもしれないけど、かつて、自分の事は後回しにして、他の人達の為だけに一生懸命だった時期がある。
そこまでしても、守りたかったもの。。
そう、自分の家族。

仕事がとても忙しく、自分の中には、寝ている時以外、仕事か家族のどちらかしかなかった。
所謂、自分の時間がほぼなかったわけだけど、それでも、家族の為にって思ってた。

現実は厳しく、それだけ思っていた家族を自分の力如きでは守り切れなかったり、勝手に自分だけがそう思って、相手はどう思ってたのかすら分からなかった時期があった。
自分は相手の為にって思っていても、それが必ずしも、相手から見て、嬉しかったり、助かるとは限らない。
それを教えてもらった瞬間やった。
誰かの為に。。

今の自分が出来る事を、出来るだけといった観点で、やる事はとても素晴らしい事であると同時に、相手にとってはどうなん?って部分を忘れてしまう事って多々あると思う。
それは、相手の立場に立ってみないと分からない事だし、だからといって、自分以外は知りませんってのもどうかとも思う。

自分自身を犠牲にしてまで、やる必要はない。
今の段階で、それが俺が下した決断。

もっと我儘でもいいし、ホントは手を差し伸べるのではなく、見守る事の方が、相手にとって大事な時だってあるはず。
突き放す事は辛いかもしれないけど、長い視点で見たら、それで良かったってケース多々あるもんね?
誰かの為に。。

今の自分は、裏切られるのが怖くて、どこかそれを避けてきて、自信もなく、難しく考えすぎてたかもしれない。
少しだけ大人になったのか、誰かの為に、自分側の想いだけではなく、少し全体を見てから、見守るといった事が出来るようにもなってきた気がする。
決して押し付けではなく、見た事すらない、あなたや、未来の自分が、ふとした時にちょっとした、文章を読んでくれたりして、その上で、具体的にどの部分をどれだけ助けてほしいのか?
ぼんやりとしたイメージの中でずっと彷徨ってる部分を、少し照らす事が出来る。
それくらいが、丁度いいのかなぁ?
誰かの為に。。

それは、まず、「自分の為に」の部分をしっかりした上で、初めて「誰かの為に。。」って形でいいのではないかな?と思う。
そろそろ、もっと大きな観点から、ホントに必要な部分を誰かの為に、表現とか、ちょっとした、支えが出来るくらいの人間になりたいなぁ~
誰かの為だけではなく、まずは自分、そして、誰かの為に。。
優先順位を間違えたり、勘違いしたらいけない気がする。

今のあなたはどうですか?
誰かの為だけに、なっちゃってませんか?
たまには、頑張っている、自分の為にご褒美を忘れない様にした方が、良い様な気がする。
あなたといった「自分」があってこその「誰か(相手)」なんだから。。
繋がってくれてありがとう!

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。