きれい

きれい

今日、仕事の帰りに、トイレと一服する為に途中で寄る公園があるんやけど、少しの時間、ぼーっとベンチに座って、高架走ってる電車を眺めてた。
通勤帰りの人達が沢山乗ってる電車を見ながら、昔ってあんまりいい気持ちはしなかったのね?

 

で、酷い時は、自分勝手に、人の迷惑すら考えずに、もし、線路に自分が居たら。。なんてアホな事考えてた頃を思い出した。
痛いとか感じるんかなぁ?とかその後どうなるんだろう?とか、つまらんことを考えてた時期。。

人間って追い込まれると、何をどう考え、しでかすか分からないもんやね?
そんな人間も色々見てきたし、超えてはいけない一線を越えてしまった奴らもおる。

 

今の状況が良かろうが悪かろうが、日本人の大好きな「普通」だろうが、同じ状況ってずっとは続かないのにね?
勝手に明日も生きてて、同じ様に生活出来るって「想像」しとる。
そんな保証、どこにもないのに不思議やな。

 

幼稚園児位の女の子が、「ママ!」「ママ!」って言いだして、何だろう?って思ったら、俺の後ろを指さしてる。
それを見た、お母さんが、「うん、きれいね!」って答えた。

2人の中では、以心伝心なんだろうなぁ、何となく振り返ると、凄く綺麗な夕焼けがあった。
俺も子供の頃、同じように素直に綺麗って感じて、それを嬉しく思って、誰かに伝えたい!とか思ったりしたのかなぁ?

 

 

夕方から夜になるその「瞬間」綺麗だなと思うと同時に、地球がいかに早く回ってるのかとか、この綺麗な時間ってホント短いよなとか感じたりする。
そして、明日も見れるって、勝手に「想像」してる。
そんな保証、どこにもないのに不思議やな。

 

世界にはまだまだ想像を絶する程、綺麗な景色や、綺麗!って思わず口に出してしまう様な事って沢山あって、その大部分を知らずに人生終わってしまうと思ったらもったいなくて仕方ない。
ネットが発達した今で、いくらグーグルアースとかを使って、世界中のあらゆる景色とかが見れるとしても、やっぱり「綺麗を感じる」ってそんなに体験出来るもんじゃないもんね?

でも、その「綺麗」は、ホントは、何気ない日常の中にも沢山あって、気が付かなかったり、いつからか「当たり前」になってしまって、「綺麗を感じる」事が出来なくなってるだけなのかもしれないね?

 

公園の女の子に、色々と気づかせてもらった気がする。

一線を越えたり、判断を誤らなくてよかったー

「生きてて良かったー」

 

ここまで読んでくれてありがとう!

 

あなたに出会えた事に感謝!

 

過去(1発目)

過去(1発目)

これも、カテゴリ追加に伴って、書いておくね?
その昔、どちらかと言えば調子にのってたと思うし、勢いがあったと思うんだけど、一気に落ちぶれて、結構病んでた時期があってね?

 

自分でも初めての体験だったんだけど、ホントに何もかも失った時期ってあるのよ~
それまでにも何度かピンチな状況はあったんだけど、気合いと根性みたいなので何とか乗り切ってたんだけど、その時だけは、いくら自分が必死に頑張ってもどうにもならない事ってあるんだなぁって思った。

 

まぁ、その辺の人達が悩む、お金の問題だったり、家族の問題だったり、人間関係だったり、仕事だったり。。

それぞれ色々あるだろうけど、いっぺんにきて、自分でもどうにも出来なくて、色んな人に命を救ってもらったのよ。

 

食事をするって余裕すらなくてパニックで、何だろうね、今まで経験したことのない様な絶望感で、でものたうちまわって、気が付いたら、前にも後ろにも道がないの。。

偶々ご縁を頂いた、先生が命の恩人

 

その人に、今日何か食べた?って聞かれて、え!そう言えば数日食べてないかも!!って状況で、コンビニの弁当の半分も口に出来なかったから、体重がほぼ1日1キロ減っていって、何となく、あぁ~ このまま終わるんだろうな?なんて思ってた。

ホントに色々と教えてもらったし、命の恩人。

 

まだ、恩返しらしい事は出来てないけど、一生かけて出来たらなって思ってる。

 

 

当たり前に存在する、「衣」「食」「住」が全てなくなって、それに家族だの仕事だのお金だの車だの。。
とにかくいっぺんに失うって、ホント怖いよね?

 

その時残ったのって、借金位だもん。。

 

最近、災害のニュースが多くて、同じように色々といっぺんに失った人達を見るといたたまれない気持ちになるし、自分の無力さを痛感するわ。

皆、自分の事だけで精一杯な人が多いだろうけど、それでも、助けにいくプロとか、ボランティアさんとか恰好いいな!って思う。
自分も少しばかりだけど、自分の出来る範囲で協力させてもらうけどね?

 

 

で、頑張れば絶対何とかなる!って思ってた自分を打ち砕かれたのはこの時なのよ。

 

 

人間って、どんなに頑張ってもどうにもならない事ってあるんだなぁって初めて気が付いた。
それと同時に、命を助けてくれた人達って、身内ではなく、あかの他人ばっかりだったのよ。

 

 

当時は親子関係もギクシャクしてたし、反発心も強かったし、どちらかと言えば頼られる事はあっても、自分が人に頼る事なんてないと思ってたんだけど、初めて、俺って周りの人達に生かされてる。。

自分で頑張って生きてたつもりが、気が付いたら、支えられてばかりで、情けなくて仕方なかったよ。

 

 

一番、高く持っていた「つまらないプライド」をずたずたにされて、初めて、そんな大事な事に気が付くんだから、どれだけ、能天気なんだ?って話だけどね?
だから、今となっては、思い出すのも怖い位だけど、自分が変われた大事な時期。

 

そんな時期を持てたのも、今となっては大切な「経験」
その時期がなければ、今の有難いご縁もなかっただろうし、つまらない世界で、それなりの人生で終わってたんだろうな?って思うと痛かったけど、気付かせてくれてありがとうって思う。

 

今の自分が必死にもがいてても、後で考えたら何となく思い出になってる。。

人間って案外そんなもんなのかもしれないね?

 

 

 

幸せってなるもんじゃなくて、気が付くもんだろうなぁ~

今生きてる事に感謝!

 

 

ここまで読んでくれてありがとう。

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。